前へ
次へ

イギリスでは猫が公務員をしている場所がある!

青山の不動産と聞くと、私の身近にいくつか話があります。私の母の両親は、2度目の父、実母がおりました。2度目の父親は、私の母を自分の養女に入れていました。私が、社会人になった時に、母の2度目の父、実母がなくなり、土地家屋の相続になりました。この時、司法書士動き、土地家屋ともに、すんなりと母の名義になりました。ところが、母の夫、もちろん、私の父なのですが、この父、養子なのです。考えてみれば、父の名義にもなるのですが、父は、何も、青山の不動産に関して、法的な事を知りませんでした。父は、養子と言うのは、苗字がかわっただけだと思っていたからです。そして、父親の実家の土地の相続さえも、私の父親は、蚊帳の外でした。法的なものを知らないが為に、こうなったのです。数年前に、私の両親も亡くなりました。私は、親の不動産の相続を見ていたので、今、自分に起こった土地の問題を弁護士に相談しています。

top用置換

top用置換2
Page Top